2019年5月に、日本の航空会社で初めてA380という大型の航空をANAが導入しました。導入の経緯は色々あるようですが、超巨大航空機は多くの人にとって魅力に映ります。

そんなA380ですが、日本ではANAのみが導入していますが、海外の航空会社を見ると、全部で14の航空会社が導入しています。今回の記事では、14の航空会社のA380のシート配置を紹介していきたいと思います。全ての航空会社を一気に紹介するのは難しいので、本記事では14の航空会社のうち、スターアライアンス所属の航空会社分を紹介し、残りは別記事で紹介したいと思います。

A380を保有する航空会社は?

A380を保有する航空会社は現在、

  • スターアライアンス
    • シンガポール航空
    • タイ国際航空
    • アシアナ航空
    • ルフトハンザドイツ航空
    • 全日本空輸
  • ワンワールド
    • カンタス航空
    • マレーシア航空
    • ブリティッシュ・エアウェイズ
    • カタール航空
  • スカイチーム
    • エールフランス航空
    • 大韓航空
  • アライアンス未所属
    • エミレーツ航空
    • 中国南方航空
    • エティハド航空

の14社が存在します。スターアライアンスでは5社、ワンワールドでは4社、スカイチームでは2社、アライアンス未所属の航空会社では3社となっており、特定のアライアンスに偏った導入状況ではありません。

スターアライアンスのA380機を徹底比較

シンガポール航空

シンガポール航空はA380を現在16機保有しています。座席クラスはどれも4クラス(エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、スイート)で、各座席をアッパーデッキ、メインデッキのどこに配置するかで座席配列パターンは全部で3種類あります。最も新しく、豪華なスイートクラスは、2階席にスイートクラスとビジネスクラスを配置しているパターンの座席配列で、この機材のスイートクラスは、座席とベッドが別 で準備されているものです。

総座席数は、標準的な4クラス機材が441座席、2階席が全席ビジネスクラスの場合の機材が379座席、2階席にスイートクラスとビジネスクラスにした機材が471座席となっています。

タイ国際航空

タイ国際航空は、A380を現在6機保有しています。座席クラスは、ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスの3クラス制で、総座席数は507座席あります。運航路線は、バンコクー成田とバンコクー関空の2路線となっており、関空で利用できる数少ないA380機とも言えます。

アシアナ航空

アシアナ航空は、A380を現在6機保有しています。座席クラスはファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスの3クラス制で、総座席数は495座席あります。また、小規模ながらアッパーデッキの前方にはラウンジエリアもあります。

ルフトハンザドイツ航空

ルフトハンザドイツ航空は現在A380を14機保有しています。このうち、6機は今後減らす計画を進めているようです。座席クラスは、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの4クラスあり、総座席数は509座席あります。

全日本空輸

全日本空輸は、A380を現在2機保有しています。日本の航空会社で唯一A380を運用している航空会社 であり、2019年5月に初運航を果たしました。発注残がまだ1機あり、最終的には3機体制でA380を運用する予定です。就航路線は成田ーホノルルとなっています。座席クラスはファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの4クラス制で、総座席数は520座席となっています。また、エコノミークラスの一部はカウチシートとして利用することも可能 になっています。

まとめ

スターアライアンスでは、5つの航空会社がA380を運用しています。最もたくさんの機体を運用しているのは、シンガポール航空でありその数は16機となります。シンガポール航空は、1座席の中に座席とベッドルームを共に備えるようなスイートクラスもあり、豪華さは随一といえ、一度は乗ってみたい飛行機の1つと言えます。